入荷豆情報

<<メニュー 一覧へ

グジG1 ハンベラ(エチオピア)NEW 
スポット品(数量限定品)
モカ系コーヒーの代表的な地域の一つグジ地区はイルガチェフェ地区と双璧をなし最近各国から注目を集めるようになりました。
グジ地区にあるハンベラは火山性の栄養価が高い土壌でコーヒーの栽培に非常に適したエリアの一つ。グジの平均的な他のエリアの標高より高く、2度の季節性降雨があります。

当店定番品のモカシダモとは精製方法が異なり「ナチュラル(非水洗式)」となります。
※当店のモカシダモはウォッシュド(水洗式)

ナチュラルとウォッシュドの違いは簡単なイメージでいいますとこんな感じ↓
◆ナチュラル:コーヒーチェリー収穫後、そのまま乾燥させてから豆を取り出す。
◆ウォッシュド:コーヒーチェリー収穫後、果肉を洗い流してから豆を乾燥させる。

ウォッシュドはスッキリした味に、ナチュラルは果実の風味が豆に移り果実感のあるフレーバーとなります。
このグジG1も果実感のある明るい酸味で甘味も感じられ滑らかな口当たり。暑い日に合うスッキリとした味わいです。

おまかせ焙煎度:H(ハイ・中煎り)
おまかせ焙煎度の場合は、ご指定不要です。
他の焙煎度がご希望の方はご注文時にご指定下さい。ご指定方法が分からなければお気軽にご相談下さい。

 

ラ・フロリダ(ペルー)有機栽培生豆使用
ラ・フロリダがあるペルー中部のパスコ県、フニン県。
ここは特徴的な地形を持ち、氷河の谷や深い峡谷が数多く存在する。

ラ・フロリダの農協には83の農園があり、ほとんどが小規模農家だが農協が隅々まで各農園を管理。
生産管理にも注力しており、技術指導や品質調査を丁寧に行っている。

おまかせ焙煎度は中煎りで、柑橘系の風味とコクのバランスが良く爽やかに。
深煎りでは酸味が抑えられ苦味とチョコレートのような濃厚な風味が味わえます。

おまかせ焙煎度:H(ハイ・中煎り)
おまかせ焙煎度の場合は、ご指定不要です。
他の焙煎度がご希望の方はご注文時にご指定下さい。ご指定方法が分からなければお気軽にご相談下さい。

コマヤグア SHG(ホンジュラス)
ホンジュラス中西部に位置するコマヤグア県は、 同国で最初にコーヒー栽培が始められた場所と言われています。

近年、ホンジュラスではコーヒー生産に力を入れるようになり、取り扱いの際に発生していた欠点豆や多数の夾雑物、 不安定な水分値による品質の劣化などを防ぐため、 プロジェクト・ゼロというスローガンで収穫から精製に至るすべてのプロセスにおいて欠点の発生を防ぐ仕組みを作り、高品質なコーヒー豆を生産することに成功。

程よい苦味とコクの中に甘みを感じ、すっきりとした後口です。

おまかせ焙煎度:FC(フルシティ・深煎り)
おまかせ焙煎度の場合は、ご指定不要です。
他の焙煎度がご希望の方はご注文時にご指定下さい。ご指定方法が分からなければお気軽にご相談下さい。

サントモンテ(東ティモール) 有機栽培生豆使用
2002年にインドネシアから独立を果たした東ティモール。
聖なる山(サントモンテ)として崇められている最高峰のラメラウ山を望む地域で作られていることが名前の由来。

経済的な理由などから化学肥料や農薬を使うことができなかったため有機栽培が定着した経緯があり、近年、オーガニックコーヒーの生産国として各国から注目が高まっています。

ほろ苦さと甘み、そして心地よい酸味が特徴で、すっきりとした飲み心地です。

おまかせ焙煎度:C(シティ・中深煎り)
おまかせ焙煎度の場合は、ご指定不要です。
他の焙煎度がご希望の方はご注文時にご指定下さい。ご指定方法が分からなければお気軽にご相談下さい。

ブラジル デカフェ(ブラジル)

Descamex社のマウンテンウォーター式でカフェインを除去したカフェインレスコーヒーです。
マウンテンウォーター式
というのは、簡単に言いますと水に浸けたコーヒー豆からカフェインだけを水に溶け出させてカフェインを除去する方法。ブラジルコーヒーらしいナッツ系の香りを残しつつカフェインを除去。

カフェインが99.9%除去されているので妊婦さんやお子さんにも安心。
夜にコーヒー飲んだら眠れない!って方にもおすすめです。

おまかせ焙煎度:H(ハイ・中煎り)
おまかせ焙煎度の場合は、ご指定不要です。
他の焙煎度がご希望の方はご注文時にご指定下さい。ご指定方法が分からなければお気軽にご相談下さい。

<<メニュー 一覧へ

Yahoo!ショッピング >>